10万キロからのトゥインゴ生活

アクセスカウンタ

zoom RSS #0023.スロットルのクリーニング

<<   作成日時 : 2006/12/04 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像エントリー#0021で触れましたが、走行距離の関係か、メンテナンスの具合なのか、スロットルはカーボンでベタベタに汚れていました。

スロットルバルブもエアホール部もベタベタなだけでなくそのフチの部分はカーボンの固まりがこびりついて空気の流れを悪くしてそうなのが伺えました。

当然そこからつながるエアインテークホースもブローバイなどで汚れていたので、キャブクリーナーで丁寧に汚れを浮かして落とします。

ただ、各シリンダーに分岐されたホースはクリーナーが自然に汚れを溶かしてしまうのを期待するのみなのでどの程度汚れが落ちたのか分かりません。
ちゃんと汚れを落としたかったらインテークごと外して掃除するしかないですが、試ロートがさすがにそこまでできませんからね・・・。

キャブレター車やモノポイントインジェクション車であれば燃料に添加するクリーナーをつかって混合気を通してインテークマニホールド内を掃除出来ますが、各シリンダーごとにインジェクターの装備されたマルチインジェクション車ではインテークマニホールド内をクリーニングするにはスロットル直後のサージタンク部分?につながる何かしらのホースを引っこ抜いて、そこからキャブクリーナーを噴射してやることになります。

今回はゴソット外しちゃったんで帰って楽というか、キレイになったのが目視出来たんで気分的に良かったですが、目に見えない部分のお掃除って大変ですね。

PS
スプレーで注意することが一点。
それは、ノズルの先にストローを取り付けて穴に向かって噴射する時に、噴射の圧力によってストロー部分が発射してしまうことがあると言うこと。

自分は何度かやったことがあって、カングーにキャブクリーナーを噴射した際にサージタンク部?にストローを発射・・・。
当然ばらさないと取れるわけもなく、今もそのままになってます・・・。

皆様、お気をつけ下さい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
#0023.スロットルのクリーニング 10万キロからのトゥインゴ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる